週刊パチBOX

週刊パチBOX

飲食店経営をサポート、耳よりな情報を週に一度更新。飲食店向けの卓上ゲーム機「パチBOX」を開発している企業ブログ。

零細企業を10年やってきた人が天災について思うこと。

2019年10月。

東日本の各地に河川の氾濫などを起こした台風19号に被害に遭われた方々、お見舞いを申し上げます。また10月15日現在、70名以上の死者が出ているとのことです。心からご冥福をお祈り申し上げます。

さらにはまだ行方不明者の方も大勢いらっしゃるようで一刻も早い救助を心より願っています。

 

10月になって朝と夜は少し肌寒く感じる季節にこんな時期に台風が来るのか?と思ったりもしますが台風は海面上に発生し発達します。

海水温は1ヶ月〜2ヶ月ほど遅れてくるということと、今年は例年より海水温が高いことが原因なようです。

 

去年のことですが、台風21号により大阪で事業をしている弊社は従業員や僕の実家が停電をしたり屋根の瓦が飛んでいくなどの被害に遭いました。

 

それまで大阪では大きな天災の被害がなく、その時も「なんだかんだ言って大丈夫かも」という気持ちもありましたが、思い切って全社員を自宅待機の緊急休暇を取ることにしました。

 

弊社は社員数が10人に満たない零細企業なので大企業と違って資本に余裕がありません。1日の休業だけでも業績に大きな影響が出ます。

 

だけどあの時、勇気を出して休業するという決断をして本当に良かったと思っています。

 

ちなみに今回の台風も関西地方に直撃はしませんでしたが弊社は休業をする選択をしました。

 

休むことが正しいということではないです。

真っ暗闇になった街の中で少しでも灯りがあることで誰かの勇気を与えることができると考えたら、僕は自分一人でも休む選択をしていないかもしれません。

 

一つだけお伝えしたいのは、

決断する勇気を持ってほしい。

 

決断することで責任がのしかかったり躊躇してしまうこともあります。

だけど決断することが人をマネジメントする僕たちの立場の仕事です。

 

あとは会社に勤める方々にも伝えたいのは、

休みたい時には勇気を出して休みたい旨を伝えることが大切です。

 

自分の意思を伝えることなく、「頼まれているから」、「会社から何も言われていないから」と会社に向かっていたりしませんか?

 

会社にいても不安な気持ちになったり家のことや家族のことが気になったりして仕事も手につかない気持ちになったりもするでしょう。

そんな時は思い切って休む決断をする方が会社にとっても良い結果になることもあります。

 

自分の身は自分で守るというのは勇気を出して行動に移すことだと僕は思います。

 

それでは今日はこの辺で。

飲食店向けに卓上ゲーム機を開発している株式会社タイムクリエイト、合同会社ジーユーの古市でした。