週刊パチBOX

週刊パチBOX

飲食店経営をサポート、耳よりな情報を週に一度更新。飲食店向けの卓上ゲーム機「パチBOX」を開発している企業ブログ。

企業の主役は誰か?

先日、男友達5人と旅行に行ってきました。

友達とはもう20年近くの付き合いになるでしょうか。

 

いやー、楽しかった!!

みんな今年1番笑ってるかもって言い合いながらはしゃいでいました。

 

そんな僕たちは35歳になる年です。

みんな様々な職業で責任のある立場で仕事をしています。

 

夜中になると昔を振り返ったり今の自分たちについて話し合う時間もあってみんなで床に地べたで座りながらお酒を飲んだり。

 

そんな時に1人の友達から言われた言葉。

「自分を立てずに一歩引きながら仕事をしているのがすごいよなー」って。

 

その友達は今、音楽業界でプロデューサーのような立場の仕事をしています。

ちなみに前に書いたかもしれないけれどSIRUPの兄にあたる人です。

 

昔からの親友だからなのか、SIRUPに「歌が上手いから歌手になれ」と進言して今や売れっ子のシンガーになった言葉の発信力なのか分かりませんがなぜか僕の頭に残ったんです。

 

確かにアーティストであったり芸能人であったり自分自身をマネジメントする方々は当然その人が主役です。

影響力のある人、今だとインフルエンサーって言うのでしょうか。

 

僕はと言いますと、自分が1番でありたいと思うことはないし別に影響力もないし会社も小さな中小零細企業だし、これが俺のやり方だっていう自分のスタイルというものもありません。そもそもそんなことをあまり考えたこともないかもしれないです。

 

さて、僕たちは飲食店向けに卓上ゲーム機を開発して提供する仕事をしています。

ということは、、、

主役はゲーム機です。

 

主役であるゲーム機が素材だとすると僕たちはその素材を引き立てる料理人のような立場になるでしょうか。

 

開発するゲーム機も僕だけが考えるわけではありません。作りたい最初の発案は僕がすることが多いのですが、作り込んでいくのは僕だけではなくて社員やたくさんの人たちの協力があって完成します。

 

そう考えるとわざと一歩引いているとか目立たないようにしているのではなくて自然とそういう立ち位置になっているのでしょう。

 

そっちの方が会社にとっては良いんです。

 

3年ほど前に少し離れた感覚で会社がどんな風に動くのか見たかった時がありまして社員たちが切り拓いたお客様とは普段の業務で極力関わりを持たずに社員たちに任せるようにしたことがあったのですが、もし僕に何かあったとしても会社やゲーム機が前に動き続けていくことを確かめたかったのでしょう。

 

うん、やっぱり主役はゲーム機。

だからまた明日からも手探りの状態から開発を始めます。

 

飲食店向けに卓上ゲーム機を開発している株式会社タイムクリエイト、合同会社ジーユーの古市でした。