週刊パチBOX

週刊パチBOX

飲食店経営をサポート、耳よりな情報を週に一度更新。飲食店向けの卓上ゲーム機「パチBOX」を開発している企業ブログ。

週休2日、3日どっちがいい?

週休2日?週休3日?

どちらがいいのか?

 

働き方改革』というテーマの一つである柔軟な働き方のあり方をみんなで考える時間なのかもしれません。

またそれは何が正しいのか答えはすぐには出ないテーマになるかもしれません。

 

さて皆さまはよく言われる週休2日または3日、

どちらがいいでしょうか?

給料が同じなら週休3日がいいでしょうけど現実はなかなかそう上手くいかないでしょう笑

 

週休3日が義務になればいいんですけどね。

でもそれも人口が減っている今の日本ではなかなか難しい。

AIが台頭して穴埋めをしてくれる日が来るかもしれないけど。

 

個人的なお話を申し上げると僕自身はどちらかというと週休3日がいいかなと思っていました。

多少給料が下がったとしてもそこまで金欲が強い方でもないしサラリーマン時代は3連休後だと普段の週休2日よりリフレッシュできたし今でもその気持ちは結構強くあります。

 

思っていました、と過去形にしたのは今は自営業の立場で毎日仕事のことを考えるので僕にとってはあまり関係ないからどっちでもいいかなーと。

ただ従業員のみんなは僕と立場も違うのでできることなら週休3日がいいかなと思ったりもします。

 

そんな僕の性格や考えもありまして弊社ではおよそ7年前から中途採用で週3〜4日勤務のフルタイム求人をしたことがあります。当時は『働き方改革』という言葉もなかったと記憶しています。

 

当時の社内では「そんな変テコな雇用形態はおかしい」という意見もありましたが、

求人広告を掲載してくれる業者に「異形な形態かもしれないけどアルバイトではなくて正社員登用の項目に掲載をしてもらいたい」と相談したところ、

「今までないものだから面白いかもしれない」と乗り気になってくれて正社員募集の欄に掲載をしてもらえることで社内に納得をしてもらうことができました。

 

掲載後、当時2013年前後の日本の雇用状況もあるかと思いますが弊社のような知名度のない零細企業に毎日応募の問い合わせがあり1日に複数の人を面接をするという思っていた以上の効果がありました。

 

結果としてその時週3日または週4日勤務で働いてくれた人たちが今の弊社の礎を築いてくれることになります。

(変則勤務の利点、課題点もあります。それはまた次回以降書こうと思います。)

 

それから時が経ち、

弊社では去年の2018年末から2019年にかけて新しい挑戦と実験?をすることになります。

 

それは同時に、

新卒採用を週休3日で募集をする

中途採用を通常勤務で募集をする

というものです。

 

週休3日の場合、平均出勤が週3.5日程度となりますので通常勤務と比較しながら勤務日数割合から給与を減額をする形で募集をしました。

もちろん賞与、昇給、社会保険などは通常勤務と同条件で付帯されます。

 

さて、結果はどうだったでしょうか。

 

新卒週休3日→応募0人

中途募集通常勤務→十数名応募後、採用のため途中で打ち切り。

 

参考になるかは分かりませんが弊社ではこのような結果になりました。

僕は正直、働き方改革の影響で週休3日の新しい業務形態を求める人が増えていて新卒の求人がもっとあってもいいと思っていたので自分の考えが外れる結果になりました。

 

この結果は何を意味するのでしょうか?

・求人票に大きく映る給与だけを見て判断をした。

・新卒の若い人材は休むより稼ぐ意欲がある。

・休みがあっても収入が下がると意味がないと考える。

 

その他にも弊社に魅力を感じなかったのはさておき…笑

売り手市場で大手企業を狙っていたという理由もあると思います。

 

結果だけを見ると新卒の方は働いて稼ぐ意欲があって休みが欲しいということではない、

働く先の人間関係や環境を大切にしているかもしれません。

 

僕が思うに、働くのが嫌な人のために働き方改革が生まれたわけじゃなくて柔軟な働き方って家庭を持ったりある程度歳を重ねた人たちのためにあるのかな。

 

さて皆さまは週休の日数にこだわるのか、

働く環境に魅力を感じれば週休2日でも3日でも気にしないのかどちらでしょう?

 

今日のブログはこの辺で。

飲食店向けに卓上ゲーム機を開発する株式会社タイムクリエイト、合同会社ジーユーの古市でした。