週刊パチBOX

週刊パチBOX

飲食店経営をサポート、耳よりな情報を週に一度更新。飲食店向けの卓上ゲーム機「パチBOX」を開発している企業ブログ。

前を向くことは後退することでもある。

2019年12月

あっという間の1年でした。

恐らく2020年の12月にはまた同じことを言っていることでしょう。

 

ただ今34歳。

来年の2月で35歳です。

歳を取ったっていうことでしょうか。

よく言われるように、、、

年々1年が早くなっている気がします。

 

あと思うこと。

夏ってこんなに短かったっけ!?

海に行くことがなくなったからかなー。

 

さて、皆さまは2019年どのような1年だったでしょうか?

楽しかったこと、悲しかったこと、嬉しかったこと、辛かったこと。

たくさんの経験をしましたでしょうか?

 

12月は1年間の締めくくりになりますから振り返ることが多いですよね。

12月になると僕はよく従業員にこんなことを言います。

「今年1年を振り返るだけではなくてもう一つ前の去年の自分と今の自分を比べてください。」

 

今年だけだと自分がどう変化したか分かりにくかったりします。

でも去年の自分となら変化したことが見つかったりするかもしれません。

 

皆さまいかがでしょう。

去年の自分と今年の終わりに差し掛かろうとしている今の自分。

どのような変化がありましたでしょうか。

 

去年と比べて今年の方が良かったという方、

その逆で去年の方が良かった…

という方もいらっしゃるかと思います。

 

結果の色は違えど、そのどちらも前を向いたから得ることができた結果だと僕は思っています。

 

気持ちを前に向けて前進してもそれが実は後退をしていた…なんてことは仕事でもよくあるからです。

でもそれって前を向いて歩いてみないと分からないんですよね。もっと言うと前を向いて歩いた人にしか分からない。

だから失敗を恐れるなということなんですね。

 

立ち止まってしまったら…

それが分かりません。

変化を感じないから誰かの言葉を闇雲に探したり…また時には誰かが話す良かった話は耳から抜けて失敗した話に安堵したりするかもしれません。

 

本当に、本当に大切に思っていることがあって

結局は「誰が何を話すか」なんですよね。

誰かの聞いた話や言葉はそんなに軽いものじゃないんですね。

 

良かったことも悪かったこともその全てがまた遠くない未来の自分の礎になっていきます。

どんな変化でもいいので振り返って探してみるのもいいかもしれませんね。

 

僕は振り返ってみると後悔したこともあったなー。後悔はダメですねー。

それでは今日はこの辺で。

 

株式会社タイムクリエイト、合同会社ジーユーの代表の古市でした。